読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想通貨とは!?将来性やメリットも含めわかりやすく徹底解説!

f:id:googoore:20170201205818p:plain

ここ最近仮想通貨熱が巷で話題です。実際に私自身も仮想通貨の一つであるビットコインをいくつか所有しています。

ビットコインなど仮想通貨全般について最近調べているのですが、実に将来性があると感じたので今回は、仮想通貨とは何なのか?メリット、デメリット、これからの将来性について記述していきたいと思います。

 仮想通貨とは?

仮想通貨とは、日本で言えば円のように法で認められた通貨ではなく、通貨のような役割をする仮想の通貨のことになります。

近年、ビットコイン、イーサリアム、リップルなどその他にも新しい仮想通貨がどんどん生み出されています。

また、仮想の通貨ですが一部のネットショッピングではすでに導入をされているところもあります。

ただ、日本国内において未だビットコインなどの仮想通貨とは何?という人が大部分を占めている現状があります。

仮想通貨におけるブロックチェーンとは

f:id:googoore:20170201214842j:plain

仮想通貨では、ブロックチェーンという仕組みが導入されています。

ブロックチェーンは、簡単にいうと銀行などのような中央集権を置くことがなく管理ができる技術です。

このブロックチェーン上での取引は、世界中に公開され皆が監視できるようになっているため、不正ができず革命的な技術であると言われています。

ビットコインが注目を集めているのは、ビットコイン自体よりもこのブロックチェーンという技術に注目されて話題になっています。

仮想通貨のメリット

ビットコインなどの仮想通貨のメリットについて記述いたします。

送金手数料が安く早い

個人間でお金を移動させる際、銀行振込などで相手の口座に移動させると、日本国内であれば100〜200円前後が必要になってきます。

しかし、仮想通貨などのビットコインでの送金では10円ほどしか手数料はかからず、数分で送金を行うことができます。

例えば、銀行で送金を行う場合土日に送金作業を行うと月曜日の振込になりますがビットコインなどの仮想通貨を用いると数分で送金が完了します。

国境がない

f:id:googoore:20170205005216j:plain

ビットコインなどの仮想通貨には、国境がありません。

国と国をまたいでの送金においても、数分で送金が可能です。日本から海外送金を行おうとすると手数料も1000〜4000円ほどかかりますが、ビットコインなどの仮想通貨での送金は10〜20円ほどしかかりません。

しかも、海外送金は1~5日ほどの時間がかかります。その点、ビットコインなどの仮想通貨は、数分でしかも手数料が安いときています。

日本国内に住む外国人の家への仕送り、国内から海外への留学生への親からの仕送り、バックパッカーの方など多様な利用ができると考えられます。

国や機関に依存しない

f:id:googoore:20170201234247j:plain

ビットコインなどの仮想通貨は、国や銀行などの中央集権機関に依存しません。

国や銀行などの機関に依存しないということは、自分で自分自身の資産を管理できるということになります。実際に、日本国内では銀行は信用度が高いと思われていますが、南米や東南アジア諸国では銀行や国を信用していない人々も多くいます。その理由として、国や銀行が破綻すると銀行の預金の引き出しをストップされます。国家の経済的な不安要素のある国では、特に繁栄が期待されます。

口座(ウォレット)が簡単に作れる

ビットコインなどの仮想通貨の口座(ウォレット)は銀行口座などに比べて簡単に作ることができます。早くて、数分で身分証明なども必要とされていません。しかし、銀行ではそうはいかないですよね。身分証や住所なども必要としきちんとした手続きをしなければなりません。その点、仮想通貨の口座(ウォレット)は身分証も住所なども必要なくスマートフォンがあれば口座(ウォレット)を開設することができます。

こちらが、コインチェックという国内の取引所になります。 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨のデメリット

メリットを述べましたが、仮想通貨のデメリットについて考察して行きます。

ハッキングで資産がなくなる可能性がある

f:id:googoore:20170205005621j:plain

一番は、まずこれですね。

電子上のウォレットでで仮想通貨である資産を管理するため、ウイルスやハッキングなどでパスワードを盗まれると一気に資産をなくしてしまう恐れがあります。これについては、パスワード管理ツールの導入や、2段階認証により対策をすることができます。

価値の変動が激しい

f:id:googoore:20170205030708j:plain

ビットコインなどの仮想通貨の価値の変動は、かなり激しいです。

ただ、2016年は1BTC4万円ほどから、12万ほどまで上昇し現在も12万円ほどで安定しています。(2/5現在)

上記で述べた、ビットコインんなどの仮想通貨のメリットを考えると短期で所有し取引をするぶんにはリスクが大きいですが、長期で保有するぶんには個人的には良いかなろ思っています。

詐欺案件が多い

新しい産業にはつきものですが、詐欺を目的とした仮想通貨が出回っています。

ビットコインの保有率の高い中国では、被害が大きくなっています。被害にあわないためには、情報に踊らされるのではなく、情報をうまく管理していくしかないですね。

これからの仮想通貨の将来性

f:id:googoore:20170201225912j:plain

 これからの仮想通貨の将来性について考察して行きたいと思います。

 国によって通貨として認定

www.nikkei.com

2016年まではビットコインなどの仮想通貨は、「モノ」として国に定義されてきました。

しかし、2017年の4月から仮想通貨法案により仮想通貨は「モノ」から「通貨」として国により認定されました。これにより、今後もビットコインなどの仮想通貨が国内で普及されることが考えられます。

仮想通貨をメルカリや楽天でも

メルカリや楽天でも導入が検討されています。

f:id:googoore:20170205095858j:plain

出典:メルカリ山田CEO:将来的にはブロックチェーンの活用もある | DIGIDAY[日本版]

メルカリなどの個人間でのやりとりによるシェアリングエコノミーの分野では、特に個人間の決済に便利なビットコインなどの仮想通貨は普及していくと考えられています。

三木谷社長「楽天でもビットコインの導入を考えている」 通貨そのものが再定義されるチャンスと語る - ログミーファイナンス

 また楽天の、三木谷社長は国際的なスマホ普及率は6割なのに対し、銀行口座の普及率は1話割だというところに着目しチャンスだと述べられています。このような観点から、スマホのみでウォレットを開設できるビットコインの将来性が伺えますね。

国内利用店舗が激増中

昨年から今年にかけてビットコインを決済手段として取り扱う店舗が激増しています。

ここ1年で4000店舗を超え、今年に仮想通貨法案により 通貨として認定されたこともあり今年も拡大傾向にあると考えられます。

日本でビットコイン・ブーム―1年でビットコイン決済導入店舗が4倍に

今は、知名度もあまりなくビットコイン?仮想通貨?それ何?という人も多いのでちょっとしたブームにある仮想通貨について勉強しておくのも個人的には良いかと思っています。

ちなみに、こちらがビットコイン決済可能な京都にあるBARになっています。

f:id:googoore:20170205110206j:plain

出典:Bar祇園 | 京都祇園エリア随一の伝統的なバー

 

仮想通貨の各国のニュース

最近のニュースを見ていると仮想通貨の世界での動きが激しく動いているので考察いきたいと思います。

また、昨年まではビットコインの取引量は9割が中国に依存していたのですが、気づけば日本がぐんぐんと取引量が増えているようです。

 

日本の仮想通貨ニュース

f:id:googoore:20170220212925j:plain

一番大きなニュースとして、日本のビットコインの取引高が世界で1位と報道されました。

世界のビットコイン取引量は今まで中国がダントツで1位その次に米国だったのですがこれを追い越し日本が世界最大となりました。

これは、かなりすごいことですよね^^;

日本は、EUに次いで仮想通貨を貨幣として認定したので、ビットコインに対する信頼度も以前よりは高まったのかもしれません。

また、取引量世界一で仮想通貨を世界でも早く貨幣として認定したことからも日本を中心として仮想通貨が発展して行くかもしれませんね。

ただ、これは中国でビットコインの取引所が停止され、規制が強すぎるので中国の投資家が日本へ流れてきているともニュースで報じられています。

中国の仮想通貨ニュース

f:id:googoore:20170220213156p:plain

 中国の大手取引所であるOKCOINとHuobiが仮想通貨の取引の制限と停止を発表しました。この規制の理由として二つ考えられます。

  • 中国の法定通貨である元の海外流出
  • マネーロンダリングの防止

です。トランプ大統領就任後世界は、為替変動が激しく世界は経済的に不安定な状況に陥りました。特に、トランプ大統領の中国たたきなどから中国の投資家はリスクヘッジを行うため、元を売りビットコインなどの仮想通貨などにマネーを移しました。

その結果元は、海外に流出し元安が起こりました。この流れは中国として好ましくないので規制をかけました。

また、 中国では税金逃れのために国の管理が届いていない仮想通貨に資産を移すマネーロンダリングが横行しています。それへの対処のために規制をかけたと考えられます。

そして、中国銀行前頭取は「ビットコイン自体をなくすことは不可能である」と発言を残し、現段階では規制をするしかないという状況に陥っています。

国さえも管理できない仮想通貨の影響力は半端じゃないですね。

 まとめ

  • 仮想通貨は、これからの金のあり方を根本から覆す可能性がある
  • ブロックチェーンという技術に注目が集まっている
  • 仮想通貨自体の知名度は低いが、今後の将来性の期待大

 以上を見て、ビットコインの取引をして見たいと思った方は下記から登録をどうぞ^ ^

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin