Tech & Money

テクノロジーとお金とこれからのキャリアの話

DASH(ダッシュ)という仮想通貨を徹底リサーチ!

 f:id:googoore:20170714201408p:plain

匿名性を持つ仮想通貨としてmonero、ZCASH同様人気のDASH(ダッシュ)についてリサーチして行きたいと思います。

仮想通貨DASH(ダッシュ)とは

仮想通貨DASH(ダッシュ)はビットコイン同様決済用に開発された仮想通貨です。

  • コンセンサスアルゴリズムProof of Work
  • 上限発行量約1,900万

日本では、仮想通貨DASH(ダッシュ)を使用できるところは現在ありませんが、海外特にヨーロッパ、アメリカでは使用できるところは多いです。

f:id:googoore:20170704194642p:plain

出典:https://www.zeemaps.com/map?group=2357566

上記が、仮想通貨DASH(ダッシュ)を使用できる地域となっています。ヨーロッパアメリカを中心にしようできる範囲が伸びています。

仮想通貨DASH(ダッシュ)の特徴

仮想通貨DASH(ダッシュ)の特徴を解説して行きます。

特徴として、取引スピードの早さ、匿名性、マスターノードの使用が挙げられます。

取引のスピードが早い

仮想通貨DASH(ダッシュ)はビットコインが送金の承認に10分近くかかるのに対して、1秒以内に確認されます。

このように早い送金から、ヨーロッパやアメリカでは決済手段として幅広く利用されています。

早い送金を可能にしているのが、instantXという技術を採用しています。

f:id:googoore:20170714165209p:plain

 実際に、DASH(ダッシュ)の公式HPではDASHで決済できるストアが公開されていますが、書籍やTシャツなど多くのストアが採用しています。

また、 DASH(ダッシュ)が使用可能な自動販売機も登場しています。

この早い送金を可能にしているのが、instantXという技術を採用しています。

匿名性

f:id:googoore:20170714191140p:plain

仮想通貨DASH(ダッシュ)の特徴としてMonero,Zcash同様高い匿名性が挙げられます。Darksendという技術を用いており、誰から誰にどれくらい送ったのかがわからなくなっています。 

マスターノード

 仮想通貨DASH(ダッシュ)はマスターノードと呼ばれる無作為の選ばれたマイナーに承認作業が行われます。ビットコインは、一番早くトランザクションの計算を行ったものが承認を行います。 

 仮想通貨DASH(ダッシュ)まとめ

現在では、以上が仮想通貨DASH(ダッシュ)についての詳細になります。

個人的には、やはり匿名系通貨は上昇するときは一気に上昇すると思いますが、国の規制もかかることがあるので注意が必要です。

仮想通貨DASH(ダッシュ)は、国内ではコインチェックで購入できます。もし、興味持たれた方は、下記から。