Tech & Money

テクノロジーとお金とこれからのキャリアの話

ネム(NEM/XEM)仮想通貨を解説!カタパルトにも大注目!?

f:id:googoore:20170816051527p:plain

COMSAやカタパルトにより最近高騰している仮想通貨NEM(ネム)を解説していきたいと思います!

仮想通貨NEM(ネム)とは

NEM(ネム)はNEW ECONOMY MOVEMENTが語源となっています。

その語源の通り、新しい経済運動を作り出すというところから始まっています。

通貨はXEMで発行数量は、固定されています。

  • 通貨・・・XEM
  • 通貨発行量・・・8,999,999,999XEM
  • コンセンサスアルゴリズム・・・プルーフ・オブ・インポータンス(PoI)

特に、NEM(ネム)の特徴としてコンセンサスアルゴリズム(承認方法)、カタパルトなどが注目される点としてあげられます。

NEM(ネム)のプルーフ・オブ・インポータンスとは

コンセンサスアルゴリズムとは、仮想通貨の取引の承認方法のことでありNEM(ネム)では、プルーフ・オブ・インポータンスが採用されています。

ビットコインでは、プルーフオブワーク(PoW)、イーサリアムではプルーフオブステーク(PoS)が採用されています。

この方法だと一部の富を持った人間や組織に対し権力が集中するということでNEM(ネム)のプルーフ・オブ・インポータンスが生まれました。

NEM(ネム)のプルーフ・オブ・インポータンスでは、XEM保有者の重要度に応じて報酬がもらえます。重要度とは、簡単にいうとNEM(ネム)のネットワークに貢献したかに応じて、ランクが決まります。

そのランクに応じて報酬がもらえます。これをハーベスティングと言います。

 貢献度がどのようにして決まるかというと、

  • XEMの残高
  • アカウントから送金された量
  • 取引の回数

からランクが決まり報酬が支払われます。NEM(ネム)のブロックチェーンに貢献すれば報酬がもらえるということから、富の分散化を行い非中央集権体制を達成できるとされています。

NEM(ネム)とmijin

f:id:googoore:20170816025322j:plain

出典:http://mijin.io/ja/

mijinとは、日本の仮想通貨取引所Zaifが開発するプライベートブロックチェーンです。国内取引所のZaifとNEM(ネム)の開発者が共同で開発を行なっています。

NEM(ネム)とmijin何が違うの?って思われるかもしれませんが

NEM(ネム)が、オープンな世界中で使えるブロックチェーンなら

mijinは、企業やグループなどで使えるプライベートなブロックチェーンです。

この、mijinの目標として

mijinは、システムの規模にかかわらず、あらゆるインフラのコスト削減とセキュリティ向上、そしてゼロダウンタイムの実現に貢献します。そして、「2018年までに金融機関のインフラコストを1/10未満に削減すること」をミッションに掲げています。

 金融機関のインフラコストの削減が目標として動いています。現在、中部電力でのmijinの実証実験が行われるとも発表がされています!

テックビューロが、エネルギー分野でブロックチェーンの活用を検討する実証実験にmijin®を提供 | mijin

また、このmijinは2017年からICOのプレセールがスタートするCOMSA(コムサ)でも使用されます。

NEM(ネム)のカタパルトとは

カタパルトとは、2017年ネム(NEM)のアップデートのことで、注目される点として

  • 取引の処理速度が、格段に早くなる
  • アグリゲートトランザクション

があげられます。

取引の処理速度が速くなる

f:id:googoore:20170816033414p:plain

カタパルトによりNEM(ネム)の取引の処理速度が格段に速くなります。

具体的に、1秒に4000件もの取引の処理を行うことができます。

リップルが、仮想通貨の中でも取引の処理が早いと言われていましたが、1秒に1000件です。カタパルトが実装されたらリップルの約4倍のスピードということになりますね!はっええ笑

  • ビットコイン・・1秒に3~5件
  • イーサリアム・・1秒に15件
  • リップル・・・・1秒に1000件
  • ネム・・・・・・1秒に4000件

になるとのことです。これから、新しい機能が実装されたらどうなるかわかりませんが、カタパルトが実装されたらNEM(ネム)がダントツのスピードになりそうですね。

アグリゲートトランザクション

先日COMSA(コムサ)にてホワイトペーパーにて発表されたアグリゲートトランザクションがNEM(ネム)にも実装されると発表されました。

この、アグリゲート・トランザクションにより現在あるエスクローサービスがなくなる可能性があります。 

f:id:googoore:20170807000521p:plain

複合トランザクションの一例として、例えばアリスが1 NEM:BTCを300,000NEM:JPYZで販売しようとしており、ボブがそれを受け入れようとするが、二人のうちいずれもXEMを持ち合わせていないケースを想定してみよう。この新しい仕組みでは、例えばアリスは0.00001 NEM:BTCを支払うことによって、Zaif取引所に対してネットワークフィーの肩代わりを依頼できる。三者全てがこのリクエストに署名すると、Zaifはネットワークフィーの1 XEMを肩代わりで支払い、そのサービス の対価として0.00001 NEM:BTCを受け取る。それと全く同時に、アリスとボブは一度もXEMに触れることもなく同意の下で二つの価値を交換することができる。

これにより、第三者に対する保証が必要なくなり現在あるエスクローサービスが必要なくなる可能性があります。

NEM(ネム)まとめ

仮想通貨NEM(ネム)は、COMSAやmijinなどと連携し今後も成長していくことが予想できそうです。また、カタパルトの実装によりインフラや金融関係にも実装されることが期待できそうです。

NEM(ネム)は、コインチェックZaifで購入することができます。登録の流れは、下記で解説しています。