Tech & Money

テクノロジーとお金とこれからのキャリアの話

OmiseGo(オミセゴー)がエアードロップアップデートを発表!

f:id:googoore:20170809204439p:plain

OmiseGo(オミセゴー)がイーサリアム保有者に対し5%のエアドロップを行うと発表しました!エアドロップというと、バイトボールが有名で先日話題になっていましたね!

エアドロップとは

特定の仮想通貨を指定された期日に保有しているだけで、その保有分の数%の仮想通貨がもらえるイベントがAirdrop(エアドロップ)です。

今回は、OmiseGo(オミセゴー)がイーサリアム保有者に5%のエアドロップを行います。

Omisego(オミセゴー)とは 

OmiseGo(オミセゴー)は、日本人起業家発の東南アジア向け決済プラットフォームを開発するOmise(オミセ)が発行するトークンです。

複数のブロックチェーンの間で取引を可能にするプロットフォームになっています。

f:id:googoore:20170809233042p:plain

OmiseGo(オミセゴー)は、SBIや三井住友銀行に出資されており、またイーサリアムを開発したVitalik Buterinがアドバイザーとして関わっています。

Omisego(オミセゴー)がエアドロップを行う理由

多くの人にOmiseGo(オミセゴー)を分散したい

OmiseGOにおいて、私たちはできる限りより多くの人々がTokenを保有することがより有用であると確信しています。

セキュリティ上での問題のためOmiseGo(オミセゴー)を分散したいと考えています。そのための手段として、エアドロップを行います。

イーサリアムコミュニティへの恩義

ICOにおけるトークンセールスはETHを利用して調達を行うため多くの場合、極めて重要なインパクトをETHエコシステムに与える可能性があります。しかし、残念なことに大抵の場合、その価値をETHエコシステムに返すことはありません。私たちエコシステムの一員として、そうしたプロジェクトを多数目にしてきました。私たちOmiseGOは、多大の益を受けてきたものとしてすべての益を同様に返せないとしても、このOMGトークンのAirDropを介してEthereumコミュニティーに対する敬意と、その益に対する恩義を示したいと思っています。

OmiseGo(オミセゴー)は、イーサリアムにより資金調達を行いETHのシステムに負荷をかけた、返礼としてイーサリアム保有者に5%のエアドロップを行おうとしています。

OmiseGo(オミセゴー)エアドロップまとめ

OmiseGo(オミセゴー)のエアドロップは、詳細な情報は発表されていません。

詳細が、発表され次第記事に追記していきたいと思います。

引用は、OmiseGOより引用しています。