Tech & Money

テクノロジーとお金とこれからのキャリアの話

CASHてアプリの仕組みがぶっ飛びすぎてもはやおもしろい

f:id:googoore:20170629171942p:plain

出典:https://cash.jp

CASHて言うサービスが6月28日にリリースされたんですが、その仕組みがぶっ飛びすぎててやばいので紹介したいと思います。

CASHとは

cash.jp

自分の目の前にあるモノを現金(キャッシュ)に変えることができるアプリです。

株式会社BANKにより先日リリースされネット上では現代版の質屋であると現在話題沸騰中で、アプリリリースから24時間経たないうちに一旦サービス停止の状態になっています笑

個人的には、このアプリの仕組みがぶっ飛んでいておもしろいって思いました笑

CASHの仕組みと実態

f:id:googoore:20170629143531p:plain

 このアプリの本質的な仕組みは「金貸し」だと思います。

  1. 身の回りにあるモノの情報を入力し写真を撮り送信
  2. そのモノが瞬時に査定され、現金が振り込まれる
  3. 2ヶ月以内にそのモノを送付するor現金➕15%の返金

 上記のような仕組みとなっており、現代版質屋としてインターネット上では言われています。

モノを送付する際は、宅配業者が自宅まで集荷にくるので送料もかかりません。

なんというかぶっ飛んでますよね笑

というかこれ実現させるためにはものすごいキャッシュが必要ですし、色々問題が起こりそうな予感。

そもそも写真を判別していない

CASHでモノの写真を送信し価値が査定されるのですが、これは実際は写真の査定を行っていないようです。  

カレーを食べた後の皿に2万の価値がついたりしているようで、入力された情報を元に価値の査定を行っているようです。

上限2万円と電話番号認証

上限が2万円であるということと電話番号認証が行われているという点が挙げられます。期限内に商品を送付しない、虚偽の申告を行った方に対してはどんどんブラックリスト入りさせて行くということです。ユーザーが2万円を得るために虚偽の申告などはしないであろうという性善説から成り立っているのだと推測します。

 16時間でアプリの一時中断

f:id:googoore:20170629175909p:plain

 

出典:レンディングアプリ「CASH」が利用集中で査定を一時中止、ローンチ後16時間でキャッシュ化3.6億円超え | TechCrunch Japan

16時間で3.6億円越えのキャッシュ化が行われたようです。現在も、アプリの利用ができない状況となっているようです。

CASHで錬金術が可能

amothic.hatenablog.jp

CASHを利用して錬金術をしているという方もいました笑

H&Mの安いヘアゴムを購入しそれを1000円でキャッシュ化するという内容でした笑

CASHがこれで採算がとれるのか少し不安になってきます笑

CASH まとめ

CASHというアプリについて、創業者の光本氏は下記のように語ってます。

「堀江(貴文)さんがある雑誌のコラムで、1年間アルバイトしてMacを買ってデザイナーになりたいという読者の質問に対して、借金して今日からやった方がいいとアドバイスしているのを目にしたことがあったんですね。すぐにMacを手にいれて勉強すれば、腕が上がってもしかしたら半年ほどで働けるようになるかもしれない、と。これって人生のショートカットだし、できた時間を別のチャレンジに使える」(光本氏)。

 この経験は、誰にでもあると思うんですよね。就活中にお金がそこを尽きてバイトせざるを得なくなった学生とか、ここぞという時に光本氏のいうように人生のショートカットができるようなサービスになったらいいのになって思いますね。