仮想通貨おすすめ取引所ランキング

COMSA(コムサ) トークン価格高騰理由を考察!

COMSA(コムサ)トークンの価格が高騰しています!

120~140円台だったCOMSA(コムサ)トークンが高騰し現在200円に近づいています。

今回は、このCOMSA(コムサ)の高騰理由を考察して行きたいと思います。

個人的な意見も入っていますのでご自身で判断よろしくお願いいたします。

COMSA(コムサ)をすぐにでも購入されたいからは、Zaifにてご購入ください。

COMSA(コムサ)トークン価格高騰理由

ホリエモンがCOMSA(コムサ)に言及

ホリエモンが、COMSA(コムサ)について言及しました。

COMSA(コムサ)について自分も投資を行なっていて、まさに時代の変わり目であると言及しました。

イーサリアムICO時点から「イーサリアムやべえ」と言っていた先見の明があるホリエモン氏の発言期待できます。

Zaif朝山社長がテレグラムに参上

Zaif取引所の朝山社長が、COMSA(コムサ)のテレグラムにて「プロジェクトの発表はしばしお待ちを」と言われました。

個人的な、意見ですがまだプロジェクトは始まっていないのにもかかわらずこの価格の高騰ぶりはかなり期待できるのはないかと思います。

Zaifのサーバー強化

Zaifのサーバーが落ちて全く取引できないと言った声が相次いでいましたが、ここ数日明らかにサーバーダウンが少なくなりました。

COMSA(コムサ)トークンを売却する理由として、Zaifのサーバーが落ちすぎて信用ができないと言った意見が散見していました。

正直、COMSA(コムサ)のプロジェクトとはあまり関係ないと思います。

なぜなら、Zaifのサーバーがダウンしたからと言ってCOMSA(コムサ)のプロジェクト自体にはなんの問題もないからです。

FXの黎明期にも、サーバーダウンは当たり前に起こっていたようですし今の仮想通貨ブームで新規参入が続々と増えている中、サーバーダウンは仕方のないことなのかなと個人的には思ってしまいます。

日本仮想通貨事業者協会がICOへの対応を発表

ICOが、有価証券に該当する場合は金融商品として扱われるので今後規制の対象となってきます。

そこで、ICOの発表がありました。

トークンが資金決済法上の仮想通貨に該当する場合は、仮想通貨交換業者としての登録が必要になります。資金決済法上の仮想通貨には、1号仮想通貨と2号仮想通貨があります。1号仮想通貨は発行者による制限なく、本邦通貨(日本円)または外国通貨との交換を行うことができる、2号仮想通貨は発行者による制限なく、1号仮想通貨との交換を行うことができるものをいいます

出典:https://cryptocurrency-association.org/cms2017/wp-content/uploads/2017/12/20171208_01.pdf

上記の観点からすると、ICOの通貨は第二号通貨としておそらく該当されます。法規制の対象内に該当すると言うことと解釈ができます。

この解釈を前提にすると、ICOを実施しトークン発行するには、仮想通貨交換業登録が必要ということになります。つまり、今後登録なしにトークン発行した場合は資金決済法に抵触する可能性があります。こうなると、日本企業がICOを実施する場合、仮想通貨交換業登録する、COMSAのような既に仮想通貨交換業登録済み業者のプラットフォームを利用する二択ということになってきます。

出典:https://bitcoinlab.jp/articles/1017

上記意見には、私も同意でCOMSA(コムサ)はそもそもICOの法規制が起こることを背景とし誕生したと言う側面も持っています。

世界のブロックチェーン業界では、2017年6月の時点で過去12ヶ月間のICO(Initial Coin Offering – 仮想通貨発行による資金調達手法)による資金調達総額が、ベンチャーキャピタルにより大幅に上回りました。そのような中、7月25日に米SECがThe DAOが金融商品に該当しうると発表し、ICOの法的なポジションも国際的にクリアになることが予想され、ICOを実施する企業にはますます綿密な設計が必要となります。

一方、多くの企業がICOを希望するものの、基本となるブロックチェーン技術の導入には様々な問題がつきまといます。その中の一つとして、暗号通貨の法定通貨に対するボラティリティであり、会計上や監査上の様々な煩雑さを引き起こしています。そして期待とニーズに、既存のソリューションが対応しきれていなかったのが最も大きな障壁となっていました。

出典:https://comsa.io/ja/

そのような中、日本の金融庁が認めたZaifを運営するテックビューロのCOMSA(コムサ)を規制することも考えづらいと個人的には考えられます。

規制が進むほど法律の問題も難しくなりICOをトータルサポートするCOMSA(コムサ)を利用する企業が増加し、

COMSA(コムサ)トークンも結果として上昇するということが考えられました。

COMSA(コムサ)トークン高騰理由考察まとめ

以上が考察内容となりました

上記は、個人的な考察も交えているので一つの意見として読んでいただけたら幸いです。

COMSA(コムサ)の CMSトークンを購入されたい方はZaif取引所で購入できます。

Zaif公式HPはこちら