BANKERA(バンクエラ)がICO始動!仮想通貨の銀行になりうるのか?

BANKERA(バンクエラ)がICOを開始します!BANKERA(バンクエラ)は、ブロックチェーン時代の銀行を目指しています。長期で見たら期待できるICOではないかと思い投資を検討しています。

BANKERA(バンクエラ)公式HP

公式HPは、右上のタブから日本語に変更できます。

引用参照は、公式HPとホワイトペーパーから引用します。

BANKERA(バンクエラ)とは

BANKERA(バンクエラ)は、ブロックチェーン時代の銀行を目指します。

BANKERA(バンクエラ)が、実際に行う予定のサービスは3点です。

  • 支払い
  • ローン預金
  • 投資

支払い

バンクエラは、世界的に認められている IBAN コードやデビットカード、決済代行 サービスなどの従来の支払方法を取り入れるだけでなく、他の金融市場のための中 継銀行として送金サービスを行うなど様々な支払サービスを提供します。

BANKERA(バンクエラ)は他の銀行の中継銀行として機能していきます。

また、バンクエラ支払いカードを通して、チャージした資金を使用できるようになるとのことです。

バンクエラは基本的にビットコイン(Bitcoin)やダッシュ(DASH)、ERC20 ト ークンを含むイーサリアム(Ethereum)、ゼム(XEM)などほとんどの仮想通貨 を取り扱い、それらが備える決済機能を活用します。

ビットコイン、ダッシュ、イーサリアム、ネムを主にほとんどの仮想通貨に対応して行くようです。

ローンと預金

 当座預金は貯蓄と同様に利息の受取りが可能。また、ほとんどのローンが決済代行ソリューションを利用するビジネスクライアントに提供されるため、 バンクエラの顧客は、借り手のキャッシュ・フローに関する専有情報により、より高い金利を受けることができます。

ローンや、当座預金があります。これは、BANKERA(バンクエラ)の中核サービスとなっています。

また、バンクエラ顧客は高い金利を得られるとのことです。既存の銀行と対抗をするために、資金が潤沢な状態で市場参入する必要があるとのことです。

 投資

バンクエラはのちの段階で個人及び法人向けの投資ソリューションの提供も開始し ます。個人向けには低コストの上場投資信託(ETF)の提供から始め、のちにトレ ーディング、アドバイサリー、仲買業務、カストディー、ウェルスマネジメント等 のサービスを追加していきます。

BANKERA(バンクエラ)は、個人向けにはETFの提供を主に行います。そのサービスにも最先端の人工知能を用いる予定のようです。

 ICOスケジュール

f:id:googoore:20170820154715p:plain

資金調達のためのプレICOは8/28から開始されます。

この期間に、トークンの全発行量の5パーセントのバンクエラ(BNK)トークンが発行されます。

f:id:googoore:20170820155617p:plain

その後、10月中旬トークンの70パーセントを発行するICOが行われます。

残りの25パーセントは、経営チームと社員、アドバイザリーで分配します。

バンクエラトークン(BNK)の価値

バンクエラトークン(BNK)を持つことにより、配当を得ることができます。

配当は、純取引利益の20%をトークン保有者で分配します。

例として、

したがって仮に保有者がバンクエラ全トークンの 1%を所有しているとした場合、 その保有者は全ての純取引利益分配額の 1%を受け取るということになります。

保有率が、高まるほどこの配当は大きくなっていきます。今後普及して行くことを考えるとかなり大きい金額になるのでは?と思います。

バンクエラトークン(BNK)の価格

f:id:googoore:20171127225451p:plain

バンクエラトークンは、ICOの集まった価格に応じてレートが変わってきます。

ユーロ=132円 ※11/27日現在

0~10億で、0.017ユーロ

10~20億で、0.018ユーロと上がっていきます。

合計で70億集めたら、3.168円となります。

早く買えば、買うほど値上がりが期待できます。

BANKERA(バンクエラ)に投資する前にやるべきこと

SpectroCoin(スペクトロコイン)の購入

BANKERA(バンクエラ)に投資するには、

SpectroCoin(スペクトロコイン)を使って投資を行います。

事前に、SpectroCoin(スペクトロコイン)に登録しておきましょう。

SpectroCoin(スペクトロコイン)はこちらから 

BANKERA(バンクエラ)Slackに登録

BANKERA(バンクエラ)Slackでは、運営が登録者に対して情報の発信や質問などに応対しています。

f:id:googoore:20170828001003p:plain

上記の#SLACKから登録できます。

情報をキャッチするため登録しておきましょう。

BANKERA(バンクエラ)SLACKはこちらから

BANKERA(バンクエラ)アドバイザーにも注目

f:id:googoore:20170820160625p:plain

BANKERA(バンクエラ)アドバイザーに、NEM.ioの社長が就任しています。

NEM(ネム)に注目が高まっている中、BANKERA(バンクエラ)も注目されそうな予感がします。

BANKERA(バンクエラ)まとめ

BANKERA(バンクエラ)についてまとめてみました。

もう少し詳しく知りたいという方は、公式HPのホワイトペーパーを見られると良いかと思います。

まだ、現状はわかりませんがBANKERA(バンクエラ)に期待です!

BANKERA(バンクエラ)に登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です