ハードウェアウォレットでビットコインを安全に保管しよう!

ハードウェアウォレットで仮想通貨を安全に保管しよう

ビットコインなどの仮想を保有する際に心配されるのは、ハッキングによる盗難被害です。

取引所でのビットコインやその他仮想通貨のウォレットは、インターネット上に公開されているためパスワードを抜かれると盗難される恐れがあります。

2段階認証をしておいたらハッキングの恐れは下がりますが、取引所側の横領、破綻によりビットコインが返ってこないということも0ではありません。

過去に取引所側の大規模ハッキングによりビットコインが返ってこなくなったマウントゴックス事件があります。

最近では、国内取引所コインチェックが580億相当のNEMを不正流出させました。

ハードウェアウォレットとは?

f:id:googoore:20170312014450j:plain

ビットコインなどのブロックチェーン上の取引では、秘密鍵という暗号を持っている人物しかそのウォレットで取引を行うことができません。

その秘密鍵を管理するものがハードウェアウォレットです。

上記のLedgerではパソコンのUSBにてビットコインその他仮想通貨を移しデバイス内で管理します。

これにより、万が一取引所が破綻した場合大規模なハッキング被害にあった場合でもビットコインなどの仮想通貨を安心して管理することができます。

また、セキュリティ面で心配になるのが、PCのウイルスですがハードウェアウォレットではそれはほとんど関係ありません。

ハードウェアウォレットを購入する上で気をつける点

ハードウェアウォレットを購入する上で気をつける点

・中古で購入しない(メルカリなど)

・公式HPか日本の正規代理店で購入推奨

・amazonで買うなら、業者を要チェック!

上記のような注意が必要なのは、購入する以前に秘密鍵を抜かれている可能性があるからです。

秘密鍵を前もって知られてしまっていたら、ハードウェアウォレットに入れていても盗難されてしまいます。

よって、ハードウェアウォレットを購入するなら必ず新品で購入

それに加えて、公式HPもしくは日本の正規代理店で購入するのが良いでしょう。

Ledger Nano (レジャー・ナノ) ハードウェアウォレット

保管できる仮想通貨

・ビットコイン

Ledger Nano (レジャー・ナノ)は、他のハードウェアウォレットに比べて安価です。

実際にアマゾンで4500円ほどからLedger Nano (レジャー・ナノ)ハードウェアウォレットは購入することができます。

しかし、Ledger Nano (レジャー・ナノ)はビットコインのみしか保管することができません。

それを、補ったハードウェアウォレットがレジャーナノSです。

保管できる仮想通貨

・ビットコイン

・イーサリアム

・リップル

・ダッシュ

・ライトコイン

・ビットコインキャッシュ

・イーサクラシック

・ネオ

・ステラー

・QTUM

・その他マイナー仮想通貨

また、ビットコインのハードフォークにも過去何度か対応しており取引所にわざわざ移す必要がなかったりします。

Ledger Nano S(レジャー・ナノS)は、アップデートも多く現状仮想通貨の取り扱いが1番多いのでハードウェアウォレットの中で1番お勧めできます。

ledgernanoS仮想通貨

上記の仮想通貨に対応しています。

有名なところでいうと、イーサリアム、リップル、ライトコイン、イーサクラシック、ダッシュ、NEO、ステラーなど他のハードウェアウォレットでは対応していない仮想通貨もLedger Nano S(レジャー・ナノS)は 対応しています。

また、最近では日本のledger nanoの代理店ができたようでこちらで購入する方が早く届くようです。

基本的に、アマゾンで購入すると偽物が混ざっているということもあるのでledger nano日本正規代理店で購入しましょう。

Ledger nanoを日本代理店で購入する

TREZOR(トレザー) ハードウェアウォレット

保管できる仮想通貨

・ビットコイン

・イーサリアム

・イーサリアムクラシック

・ネム( Nanoウォレットにより可能)

・ライトコイン

・Zcash

・ビットコインキャッシュ 

・ビットコインゴールド

・ERC-20トークン

Ledger Nano S(レジャー・ナノS)と比較されることが多いのが、このTREZOR(トレザー)ハードウェアウォレットです。

個人的には、Ledger Nano S(レジャー・ナノS)の方が対応通貨が多くおすすめですが、TREZOR(トレザー)は使いやすい点が魅力です。

ただ、Ledger Nano S(レジャー・ナノS)と比べて見た目がちゃっちいというところがあります笑

Trezor公式HPはこちら

KeepKey(キープキー)ハードウェアウォレット

保管できる仮想通貨

キープキー

KeepKey(キープキー)ハードウェアウォレットです。

このハードウェアウォレットですがとにかくおしゃれでスクリーンの画面も大きく操作がしやすいようです。

ただ私は、KeepKey(キープキー)をもっていないので詳しくわかりません笑

ほとんどの方が、対応仮想通貨の豊富さなどからLedger Nano S(レジャー・ナノS)かTREZOR(トレザー)を所有している方が多いですね。

ハードウェアウォレットを利用するならLedger Nano S(レジャー・ナノS)かTREZOR(トレザー)で良いかと思います。

ハードウェアウォレットのおすすめはどれ!?

私のおすすめとしては手間暇を考えるとledger nanoS(レジャー・ナノS)を日本の正規代理店で買うのが良いのかなと思いますね。

レジャーナノSは仮想通貨の対応通貨も多く、アップデートも多いので実際に使ってみておすすめできます。

Amazonで買うのは、危険もありますので日本の正規代理店で購入しましょう。

Ledger nanoを日本代理店で購入する

ハードウェアウォレットまとめ

ハードウェアウォレットの紹介は以上になります。

Ledger Nano (レジャー・ナノ)

TREZOR(トレザー)

KeepKey(キープキー)

の三点がありますが、多くのビットコインや仮想通貨を所持しているなら、目先の1.2万円をケチらず購入するのは必須だと思います。

ハッキングのことなどを考えると、取引所に少額残し、ハードウェアウォレットに使わないコインを置いておくというのは得策です。

いづれかのハードウェアウォレットで資産を管理することをお勧めします!