仮想通貨おすすめ取引所ランキング

Lisk(リスク)仮想通貨の買える取引所、特徴、将来性を解説

Lisk(リスク)

どうもまるてぃです。

2017年は、仮想通貨元年で仮想通貨は軒並み高騰しました。

プラス要因が目白押し2018年高騰が期待できる仮想通貨LISK(リスク)について解説していきたいと思います。

現在は、ビットフライヤーでのみLisk(リスク)を購入することができます。

BitFlyerでLiskを買ってみる

仮想通貨LISK(リスク)の概要

Lisk(リスク)の概要

・通貨単位:LSK

・発行枚数:上限なし

・承認方法:フォージング

・上昇率:12円⇨約3000円(約250倍)

・公式サイト:Lisk.io

・買える取引所:BitFlyerBINANCE

Lisk(リスク)は、仮想通貨の中でも特に2017年高騰して話題になりました。

2017年始には、12円ほどだったLisk(リスク)は1年間で3000円超えと実に250倍となりました。

イーサリアムと同じ機能を持ち、イーサリアムより性能が良いこと、マイクロソフトから出資を受けていること、開発ツールの配布の発表など仮想通貨バブルの後押しを受けて大きく高騰をしました。

2018年のLisk(リスク)は、期待できる要因がかなり多く現在まだ、時価総額的にも過小評価されているように考察できます。

仮想通貨LISK(リスク)特徴・将来性

LISK(リスク)の特徴そして、イーサリアムと比較して何が違うのかという観点からも解説していきたいと思います。

イーサリアムとの同じ点、違う点を簡単にまとめると

イーサリアムと同じ特徴

・スマートコントラクトを持っている

・プラットフォーム系仮想通貨である

イーサリアムと異なる特徴

・開発言語が、違う

・サイドチェーンを利用している

・投票機能がある

スマートコントラクトを持つ

スマートコントラクトを実装したイーサリアムやLisk(リスク)はビットコインと違い、契約情報や条件をブロックチェーン上に記載しそれを自動執行することができます。

スマートコントラクトの活用場所として、あらゆる契約が発生する場所で活用できると考えられます。

例えば、賃貸を借りる時や企業間での取引などで利用される技術なんですね。

まずAさんは、そのマンションの一室を2年間借りるという契約を、電子署名し、偽造できないかたちで、ブロックチェーンに書き込むことができます。

その契約は、特別な認証機関なしに、ネットワーク参加者の全員がで管理することができるので、不動産との契約が必要なくなります。

そして、その契約が正しいか、正しくないかは、ネットワーク参加者で明らかにできます。

そして、すべての契約はスクリプト化されているので、期日がきたらコンピュータが自動的に契約を執行するようにできます。契約期間が満期を迎えたら、自動的にAさんの賃借権はなくなります。

出典:https://coincheck.com/blog/422

上記のようにネットワーク上で契約を自動で執行できるのです。

よく例えられるのが、自動販売機ですね。

自動販売機にお金を入れる⇨ボタンを押す⇨飲み物が出てくる

この一連の流れを、イーサリアムやLisk(リスク)のスマートコントラクトは自動でしてくれるんですね(●´ω`●)

Lisk(リスク)はプラットフォーム型の仮想通貨

Lisk(リスク)のブロックチェーン上に他のプログラムを記述し新しいアプリケーションの開発を行うことができます。

簡単に言いますとLisk(リスク)のブロックチェーンは仮想通貨(アプリケーション)を作り出すテンプレートのようなもので、1からブロックチェーンを作り出すよりも簡単に仮想通貨(アプリケーション)を作り出すことができます。

これは、イーサリアム同様のプラットフォーム型の仮想通貨に分類されます。

このプラットフォームは、何も仮想通貨を作るだけではなくゲームなどのアプリケーションも作ることができるんですね(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

Lisk(リスク)3

以前、イーサリアムのプラットフォーム上で作られたクリプトキティーというゲームが話題になっていました。

イーサリアムのブロックチェーン上でゲーム(アプリケーション)を作り、猫を育成できるというものだったんですがその猫に1000万円を超える価値がついたんです!

そのプラットフォームを利用して作られたアプリケーションを利用すると、その仮想通貨の価値は上がって行くんですね。

その理由としてはですね、アプリケーションを利用するためにはその仮想通貨を使用する必要性があるからなのです!

いわば、イーサリアムプラットフォームを利用したクリプトキティーをするために仮想通貨であるETHが必要になってきます。

それと同様に、Lisk(リスク)のプラットフォームを利用したアプリケーションが開発されて増えて行くと自然とLisk(リスク)の仮想通貨であるLSKが必要となってきます。

JavaScriptを使用している

イーサリアムとの大きな違いとして、LISK(リスク)は開発言語としてJavaScriptを使用しています。

開発言語比較

・イーサリアム・・・Solidity(独自言語)

・Lisk(リスク)・・JavaScript(人気言語)

イーサリアムは、Solidityとよばれる独自言語を利用して開発をされています。

JavaScriptを使用していると何が違うのかというと、JavaScriptは世界中のwebエンジニアに人気の言語でありほとんどのwebサイトで使用されている言語になっています。

 

Lisk(リスク)2

出典:AngelList – Where the world meets startups

上記は、angellistと言われるsnsで新興企業の求人の言語の需要を表したものです。

上記からもわかるようにJavaScriptが30%を占める人気言語となっています。

何が言いたいのかと言いますと、イーサリアムのアプリケーションを開発するためにはSolidity(独自言語)をエンジニアが勉強し直さないとダメなんですね。

それにより、Lisk(リスク)がJavaScriptを使用していることによる2つのメリットがあります。

2つのメリット

・Lisk(リスク)プラットフォームの開発ためのエンジニアが集めやすい

・Lisk(リスク)上でのアプリケーションの開発が活発に行われる可能性がある

JavaScriptを使用するメリットとして、LISK(リスク)がこれから開発される際にイーサリアムや他の通貨に比べてエンジニアを集めることが容易にできます。

その結果、開発や実装をスムーズに行うことができます。

Lisk(リスク)プラットフォームの開発が進み、そのプラットフォーム上でのアプリケーションが活発に進むことになります。

そうなるとどうなるかと言いますと、Lisk(リスク)のアプリケーションを利用するために必要な仮想通貨LSKが必要となります。

まだ、Lisk(リスク)を利用したアプリケーションはほとんどありません。

しかしイーサリアムに比べて、開発が容易でエンジニアが多い言語であるJavaScriptで利用していることから今後開発が進んで行くのではないかと予想されています。

サイドチェーンの使用

LISK(リスク)は、サイドチェーンを使用しているのが大きな特徴と言えます。

これは、イーサリアムが持っていない機能となっています

サイドチェーンとは、

複数のブロックチェーン間で仮想通貨のやり取りを双方向で行い、様々な機能等を実装しようとする技術・プロジェクトのことであり、特にビットコインのブロックチェーンを「親チェーン」としたとき、その他のブロックチェーンをサイドチェーンと呼びます。

出典:Sidechains / サイドチェーン – ビットコイン2.0 | Bitcoin日本語情報サイト

サイドチェーンのメリット

・処理能力の向上

・セキュリティの向上

Lisk(リスク)に実装されているサイドチェーンのメリットとして、スケーラビリティ(処理能力)の向上が挙げられます。

複数のブロックチェーンを動かすことにより、メインのブロックチェーンの負荷を軽減することができます。

それにより処理の速度を向上させることができます。

次に、セキュリティ上のメリットがあります。

もしバグやハッキングなどの問題が発生した際に、サイドチェーンを切り離すことによって解決することができます。

仮想通貨の価値は、信用で成り立っておりスケーラビリティに問題があったり、バグが起こったりすることは致命的です。

その点、LISK(リスク)はサイドチェーンを利用しており致命的なバグが起こったとしてもバグが起こったチェーンを切り離しなかったことにすることができます。

もし、イーサリアムでバグが発見された場合Lisk(リスク)のように切り離すことはできません。

イーサリアムは、メインチェーンしか持っていないのでハードフォークを行う必要性があります。

ハードフォークとは

ブロックチェーンの分岐を行うこと

新仕様を採用しそれまでの旧仕様は無視をする方法

過去、イーサリアムの致命的なバグが見つかった事例として、THE DAO事件があります。

それにより、イーサリアムの価格は大暴落しイーサリアムとイーサリアムクラシックに分裂(ハードフォーク)を行いました。

Lisk(リスク)では、このような心配をすることがないので安心と言えますね( ̄∇ ̄)

サイドチェーンの解説として、Lisk(リスク)公式HPに上記のような画像が載せられています。

Lisk(リスク)を街で表現してサイドチェーンを解説しています。

Lisk(リスク)を街で表すと?

ブロックチェーンアプリケーション・・・家

メインチェーン・・・メインの道路

サイドチェーン・・・横道

開発者・・・建設業者

Vote(投票に)より報酬がもらえる

イーサリアムと違いLisk(リスク)は、取引の承認を行う人を投票により決定します。

承認方法の比較

・イーサリアム・・・PoW→PoS

・Lisk(リスク)・・・鋳造(フォージング)

イーサリアムは現状、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)という承認方法を取っています。

これはビットコインと同じで、大規模なコンピューターに計算を行わせ一番早く計算をしたものに報酬を支払う方法です。

Lisk(リスク)は、これに対してLisk(リスク)ホルダーの投票により決定された人が取引の承認を行います。

これを鋳造(フォージング)と言います。

さらに、フォージングを行なった人が投票を行なってくれた人に対して得た報酬を分配します。

よって、Lisk(リスク)ホルダーはウォレットにLisk(リスク)を入れておくだけで枚数を増やすことができます。

これは、イーサリアムにはない特徴です。

実は、イーサリアムもビットコインと同じ PoWからPoSに移行を行います。

PoS(プルーフオブステーク)

その仮想通貨を多く持っている人物が、取引の承認を行う方法

ビットコインの富の集中化を分散させるために、イーサリアムはPoSへの移行を決定しました。

しかし、仮想通貨を多く持っている人物が承認を行い、報酬を得ることができるとしたらより富の集中化が起こるのではないのだろうか?と考えれますよね。

Lisk(リスク)では、投票により承認者を決定することから富の分散化が図れる民主的な方法だと言えるかもしれません。

Lisk(リスク)今後の将来性

Lisk(リスク)の今後の将来性について考察していきたいと思います(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

SDK配布

SDK配布とはですね、Lisk(リスク)の開発者用のツールが、配布されるということなんです。

これは、2017年4月に配布されるとか( ̄∇ ̄)

これを機にLisk(リスク)のプラットフォームを用いた仮想通貨が誕生したり、アプリケーションが誕生すると予測されています!

イーサリアムを例にとってみると、2017年イーサリアムのブロックチェーン上で数々のICOが行われました。

イーサリアムのプラットフォームを用いて作られた仮想通貨は実はたくさんあるんです!

有名どころでいうと、オーガーやオミセゴーなんかも、それに当たります( ̄∇ ̄)

オミセゴー

それによって、イーサリアムの価格は大きく向上していきました。

そのプラットフォーム上で作られた仮想通貨の送金する際などに、そのプラットフォームの仮想通貨が必要にな流ことからも考えられます・

同じプラットフォーム系の仮想通貨であるLSKはイーサリアム同様新たなるアプリケーションが生み出されたら大きく価格が高騰するかもしれないと言われています!

これは、今後の将来性に期待できますね(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

分散型取引所

次に、Lisk(リスク)は分散型取引所が作られると発表がありました!

分散型取引所ってなに?

何なのかと言いますと、管理者不在の取引所となっています。

現在ある取引所コインチェックやバイナンスなどの取引所は中央集権の取引所となっており分散型取引所(DEX)とは異なります。

分散型取引所は、取引所を通さずに個人間のウォレット同士で仮想通貨を交換することができます。

分散型取引所DEX

これによって、大規模なハッキングなどを防ぐことができるんですね( ̄∇ ̄)

実は、イーサリアムの分散型取引所イーサデルタが現在リリースされております。

イーサデルタ

これは、イーサリアム基軸の分散型取引所なんですね。

Lisk(リスク)基軸の取引所は今のところないので、Lisk(リスク)の分散型取引所ができたら価格が大きく高騰する可能性があります。

いづれにせよ、Lisk(リスク)は2018年期待できる要因が多いので将来性に期待ですね(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

Lisk(リスク)の買える取引所

Lisk(リスク)ビットフライヤー

現在、購入可能な取引所として、国内取引所では、BitfFlyer(ビットフライヤー)でリスクを購入することができます。

また、海外の取引所BINANCE(バイナンス)でも購入をすることができます。

BitFlyerでリスクを購入してみる

仮想通貨LISK(リスク)まとめ

スマートコントラクトを使った仮想通貨としてイーサリアムが一番有名ですが、イーサリアムからシェアがLISK(リスク)

映る可能性も今後考えられますね( ̄∇ ̄)

いずれにせよ今後のリスクの将来性に期待です!