Zaifトークンとは?値上がりした理由を考察してみる

Zaifトークンが、5倍ほどに突如値上がりしツイッターのトレンド入りするほどの反響を呼んでいました。実際、私も、0.1円代に100万単位購入していたおかげで利益が出ました。

本記事では、Zaifトークンについてと、なぜ値上がりしたのかを考察したいと思います。

Zaifトークンとは

Zaifトークンとは、取引所Zaifが運営する独自トークンのことです。

独自トークンとは、簡単にいうとブロックチェーン上に作られ

た独自のコインのことです。

噂によると、Zaifトークンは、過去取引所の朝山社長が「Zaifの株のようなもの」として発言があったようです。しかし、現在特別な使い道は見当たらず、Zaifトークンへの期待のみで上がっていると考えられます。

また、Zaifトークンは投げ銭のような形でいただいたものらしいですがあのホリエモン氏も所持しているようです。

ホリエモンは、
「あくまで僕は超少額しか持っていないけど、ほとんど投げ銭みたいな形で貰っただけで、積極投資をしているわけじゃないことを前提に話すよ(僕が投資しているからそのアルトコインに将来性があると思わないでね)。XEM、MOMA、ETH、あとはZAIFとかHORIEMONCARDとかのトークンかな」
と回答。

引用:ホリエモンが暗号通貨との付き合い方を指南「なんとなくで手を出しても騙されるだけ!」 | ホリエモンドットコムブログ

ホリエモンちゃんねるで上記のように語っています。

Zaifトークンが値上がりした理由とは

COMSA(コムサ)への期待

f:id:googoore:20170803195018p:plain

COMSA(コムサ)の影響がやはり大きいと考えます。

Zaif取引所を運営するテックビューロが企業向けのICOプラットフォームのCOMSA(コムサ)をリリースすると8/3に発表を行いました。

この内容として、企業の独自のトークンを発行し資金調達を行いZaif取引所に上場することができます。

このサービスによりZaifの仮想通貨界におけるプレゼンスがより高まることが予測されます。

また、企業のトークンを発行するコンサルティングを行うにもかかわらず、Zaifの独自トークンが全く需要がなかったら説得力は全くないのではないでしょうか?

そうした中で、今後Zaifトークンになんらかの価値をもたらすのではないか?という予測のもと価値が向上していることが考えられます

イケハヤ氏による拡散

インフルエンサーイケダハヤト氏による拡散もあげられます。

Zaifトークンすら知らない人が多かったのではないでしょうか?この拡散により一気に認知を広めたのだと思われます。

Zaifトークンの価格が低い

f:id:googoore:20170819152024p:plain

Zaifトークンの価格が低いことがそもそも挙げられます。

2017年5月にも、頭角を現し何十倍にもなった通貨リップルやネムは1単位の価格が低いものでした。

価格がひくければ、少ない資金でも枚数を集めることができ大きく上がった時多くの利益を出すことができます。

よってそのような心理的な状況から、まだ価値が上がらない状態に仕込んで起きたいという人が多かったのではなかったのかと考察します。

少し前まで、0.1円付近だったZaifトークンも本日8/19には0.55円付近をうろついています。以前5円ほどの値段をつけていたことを考えるともう少し伸びる可能性もあるのでは?と感じてしまいますね。

Zaifトークンまとめ

Zaifトークンが、値上がりした理由を考察してみました。

Zaifトークンは、Zaifで購入することができます。価格の上下が激しいので投資のオススメはできません。一発当てたいって方は、投資されるのも良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です