仮想通貨おすすめ取引所ランキング

Lisk nano Wallet(リスクナノウォレット)の作り方、使い方を解説

Lisk nano Wallet 作り方、使い方

Lisk(リスク)がビットフライヤーに上場しました!

国内でも、Lisk(リスク)を購入される方が増えると思われますので、今回はLisk(リスク)の公式ウォレットであるLisk nano Wallet(リスクナノウォレット)の作り方、使い方について解説していきたいと思います。

Lisk nano Wallet(リスクナノウォレット)をなぜ使うのか

MEMO

・取引所に置いておくと危険
・Vote(投票制度)により増やせる

取引所においておくと危険

Lisk nano Wallet(リスクナノウォレット)は、公式ウォレットですので取引所に置いておくとハッキング被害、取引所の破綻により、全てLisk(リスク)がなくなる可能性があります。

Lisk nano Wallet(リスクナノウォレット)に入れておけば、自分で秘密鍵を管理することができます。

万一、取引所が破綻したとしてもウォレットに入れておけば関係ないです。

これはLisk(リスク)に限らず、他の仮想通貨にも言えることで頻繁に取引を行わない場合は必ずウォレットに入れておきましょう。

ハードウェアウォレットが、あれば良いのですが現在Lisk(リスク)に対応したものはないんですよね・・・

仮想通貨のセキュリティ対策についても解説しておりますので、是非一読ください( ・∇・)

Vote(投票制度)により増やせる

Lisk(リスク)を、Lisk nano Wallet(リスクナノウォレット)に入れて、Vote(投票)をすることにより増やすことができます。

300枚ほど持っていたら、平均して月に2Liskほどずつ増えていくみたいです。

これは、もちろん多ければ多いほど増える枚数は増えていきます。

入れておくだけでLisk(リスク)がもらえるなんて美味しいですよね( ̄∇ ̄)

2018年2月ではLisk(リスク)の価格は、約3000円ですがもし、3万とか10万とかになったら不労所得生活も夢じゃないですよね( ・∇・)

なんにせよ、Lisk(リスク)を持っているならLisk nano Wallet(リスクナノウォレット)を使わない手はないです。

Lisk nano Wallet(リスクナノウォレット)作り方

まず、Lisk nano Wallet(リスクナノウォレット)公式HPに行きます。

ここで、Mac、Windowsを選ぶ欄がありますので、ダウンロードを行います。

Lisk(リスク)1

ダウンロードができたら、Lisk nano Wallet(リスクナノウォレット)を起動します。

「New Account」をクリックします。

Lisk(リスク)2

クリックすると、上のようなメッセージが出てくるので「NEXT」をクリックします。

本文訳

「NEXT」をクリックし、マウスを動かしてください。

それらが、完了した後パスフレーズが出てくるので安全な場所に保管してください。

「NEXT」を押した後、指示通り、マウスをぐるぐると動かしましょう。

Lisk(リスク)3

すると「パスフレーズ」が出てきますので、こちらをメモし、「YES! ITS SAFE」をクリックします。

パスフレーズは、印刷してオフラインで管理またはテキスト形式でファイルを作ってUSBに保管しましょう。

USBで保管される方は、なくすと大変ですのでパスワードをかけれるUSBを購入しておいた方が良いでしょう。

Lisk(リスク)4

次に、先ほどメモした「パスフレーズ」を利用します。

上の方のフレーズの抜けている単語を入力して、「LOGIN」をクリックします。

これで、Lisk nano Wallet(リスクナノウォレット)の作成は完了です。

注意

「パスフレーズ」を無くしてしまうと、ログインできなくなってしまうので絶対になくさないように保管しましょう

Lisk nano Wallet(リスクナノウォレット)使い方

Lisk nano Wallet(リスクナノウォレット)の使い方について解説して行きます。

Lisk(リスク)の受け取り方法

 

Lisk(リスク)5

アカウント画面上部にある「RECEIVE LSK」をクリックします。

Lisk(リスク)6

アドレスが出てきますので、コピーして取引所やウォレットから送信します。

以上でLisk nano Wallet(リスクナノウォレット)の受け取り方は完了です。

Lisk nano Wallet(リスクナノウォレット)まとめ

Lisk(リスク)だけにとどまらず、仮想通貨を保有するならできるだけウォレットを使用しましょう。

ハードウェアウォレットが早く対応して欲しいですね!( ̄∇ ̄)