ニート・無職へWEBエンジニア就職をおすすめする理由

ニート・無職は WEBエンジニア就職おすすめです

どうも、元ニート・無職のWEBエンジニアまるてぃです。

こちらの記事にたどり着いた方は、

・ニートや無職でWEBエンジニアになるかどうか悩んでいる方

・ニートや無職でこれからどうしようか悩んでいる方

だと思います。

そんな方へ向けて、私の経験談をもとに「ニート・無職の方へWEB・ITエンジニアをお勧めする理由」を書いていきたいと思います。

まるてぃの経歴

私、まるてぃはニートからWEBエンジニアに転職をしました。

その時の状況として、前職を半年で短期離職し、1年間ニートのちの就職でした。

1年間空白期間があっても就職転職ができるので、ニート・無職期間が長い方でも大丈夫です(๑•̀ㅂ•́)و✧

まるてぃの詳しい経歴はこちらのページにて掲載しています。

ニート・無職はWEBエンジニア就職をおすすめする理由

私が、WEBエンジニアをニート・無職の方におすすめできるとするのも理由があります。

理由は3点ありまして、

・WEB業界は、経歴を気にしない

・WEBエンジニアは、超売り手市場

・短期離職も怖くない

その1番大きな理由として、「未経験でのWEB・ITエンジニア転職就職ではほとんど経歴を気にしない」です。

では、1つずつ解説していきたいと思います。

WEB業界は、経歴を気にしない

 

WEBエンジニア就職・転職の面白い点として基本的に過去の経歴はあまり気にされないです。

過去を全く気にしないと言うわけではないですが、WEBエンジニアの採用は今何ができるのかと言うことに重点をおいています。

私は、WEBエンジニアに転職する際20社以上の面接を受けましたが、実際に過去の経歴について気にされたのは1社だけでした。(20社中5社は内定しました)

実際に、聞かれたこととして

・なぜ営業職からWEBのエンジニアになろうと思ったのか?

・なぜこのサービスを作ろうと思ったのか?

・◯◯はどれくらいできる?

などなどWEBエンジニアになろうと思った理由や、現在のスキルについて聞かれました。

全く見ていないわけではないですが過去の経歴よりも今何ができるかと言うところに着眼点を置いてくれるのでニートや無職期間が長い方にはWEB業界は非常におすすめな業界ですね。

この点に関しては、他の業界に比べて群を抜いてゆるいかと思います。

WEB業界は売り手市場

WEB業界は、深刻な人材不足で特にWEBエンジニアが全くと言っていいほど足りていません。

インターネット専門職(6.10倍)、組込・制御ソフトウエア開発エンジニア(4.82倍)、
建設エンジニア(4.10倍) が高い

出典:https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2018/180207-01/

リクルートキャリアのデータを参照しますと、インターネット専門職ここで言うWEBエンジニアは1人に対し6つの求人があるほどのバブル市場です。

WEB系企業は、喉から手が出るほどWEBエンジニアが欲しいので未経験でもガンガン採用して入社してから育てればいいというスタンスでやっています。

売り手市場の影響によりWEBエンジニアのフリーランスも20代で月に100万円以上稼ぐ方も珍しくなくなって来ています。

短期離職も怖くない

WEB系企業特にエンジニアの特徴として、短いスパンで転職する方も多いです。

他の業界では、1年で転職を行うと「仕事が長く続かない人なのか」と思われがちですよね?

ニート期間が長く短期離職だったので、自分もそうでしたが

  • 「次の職場劣悪な環境だったらどうしよう」
  • 「すぐやめたらどうしよう」

など不安になりました。

しかし、WEB業界でしたら仮に短期離職してしまったとしても引く手数多です。

また、もう就職したくない!と思ったらそれこそフリーランスになっちゃえば良いです。(私のことです笑)

そもそも、新卒は3年は働いて1人前になると良く世間では言われますが、「3年って何基準だよ!」って思いませんか?笑

先日AIエンジニアがこのようなツイートを行いました。

転職先を探してます。AIベンチャーで働いている新卒2年目の25歳です。Python3を普段書いていて、Djangoでリコメンドシステム作るとか自社サービスのAPI設計・開発に携わるとかしています。機械学習から生じるエンジニアリングの課題解決が好きです。希望年収は460万円から、500超えると嬉しい。

拝見されたらわかると思うのですが、ツイート後たくさんの企業からスカウトをされていました。

この流れからでも、ITエンジニアのバブル感、短期離職でも引く手数多と言うのが伝わるかと思います。

ニート・無職の就職はWEBエンジニアおすすめです

まとめると、

・WEB業界は、経歴を気にしない

・WEBエンジニアは、超売り手市場

・短期離職も怖くない

と言うことでした。

無職期間ですと、お金をあまりかけたくない方もいると思いますので無料のプログラミングスクール から初めてみるのが良いと思います。

無料のおすすめプログラミングスクール はこちらにて解説しています。

また、TechAcademy (テックアカデミー)では、無料で1週間WEBのプログラミングを学ぶことができるので最初のステップにもおすすめです。

WEBエンジニア転職について何か聞きたいことがありましたら、LINE@にてご相談ください( ̄∇ ̄)

最後までありがとうございました(๑•̀ㅂ•́)و✧