仮想通貨おすすめ取引所ランキング

大阪でWEB・ITエンジニアに就職・転職する際に注意すべきこと

どうもまるてぃです。

今回は、体験談を元に大阪でWEBエンジニアの転職・就職活動をする際の注意点を書いていきたいと思います。

pose_shinpai_fukidashi_man

  • IT・WEBエンジニアになりたいけど、関西圏大阪での就職・転職したいけどWEB系は東京が主流だからうまくいくのか

という不安を持った方に書いています。

この記事を読めば、大阪でIT・WEBエンジニア就職・転職する際の注意点がわかります。

大阪でWEBエンジニアに就職・転職する際の注意点

この注意点は、私が実際に大阪で転職した体験談を元に執筆しています。

では早速見ていきましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

企業数が東京に比べて少ない

WEB系エンジニアの求人は、やはり東京が日本で1番多いです。

東京のように無限に選べるほど企業数がないのです。

よさげな求人だと思って対策なしで受けてしまうと、似たような求人がなく後悔する恐れがあります。

ですので、手当たり次第に面接を受けるのはいいですがしっかり対策を練っていきましょう。

面接対策やWEB企業の情報は転職エージェントで無料で相談に乗ってもらえるので使っていきましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

転職エージェントは、IT・WEB求人に強いワークポートがおすすめです。

実際に、利用したのですが面接対策、業界の動向、履歴書の添削など行ってくれますので使わない手はないです。

最先端の企業は東京に比べ少なめ

東京に比べてやはり企業数が少ないこともあり、最先端の企業は少なめです。

「人工知能を作りたい!」と思われる最先端の企業に就職したい方は、東京に行ったほうがいいと思います。

一般的なWEBエンジニアになりたいという方は、問題はないですね。

サクッと2.3ヶ月くらい学習したら思った以上に簡単に就職・転職は決まっちゃいますよ(๑•̀ㅂ•́)و✧

言語が東京に比べて、限られる

大阪でWEBエンジニアとして就職・転職するのなら言語選びはめちゃくちゃ重要です。

結論からいうと大阪関西圏で多いプログラミング言語は、PHPかJAVAですね。

php

WEBエンジニアとして就職・転職を目指すなら必然的にPHPを学習した方が就職・転職できる可能性は広がるということになります。

最近では、 Rubyを学習できるというプログラミングスクール が多いですね。

Rubyでは、大阪で就職・転職ができないというわけではないですがまだまだ少ないです。

世界的に見ても依然としてPHPは最も使用されている言語ですので大阪で転職・就職される方はPHPを学習するのが良いですね。

どうしてもRubyや他の言語を学習したいというのならRubyでもいいと思います。

しかし、プログラミングは1つの言語をある程度仕上げてから他の言語を学習した方が効率が良いです。

就職前Rubyを学んで就職後PHPを勉強するというのはどうしても効率が悪くなるかと思います。

それなら、PHPを初めから学んで就職後、余裕ができたらRubyを学習という方法をおすすめします。

PHPを学ぶなら就職サポートもあるテックアカデミーあたりでサクッと学習して、転職活動しちゃいましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

テックアカデミーは、無料で1週間WEB言語学習できるのでまず体験してみるといいですよ。

大阪はIT・WEBエンジニア不足です

実をいうと、大阪は、東京に比べてかなりWEB・ITエンジニアが足りてないんです。

これは、転職エージェントや知り合いのWEBエンジニア、大阪の経営者から実際にお聞きしました。

IT企業は、東京に多いのでIT・WEBエンジニアも東京へ行ってしまうようです。

kaisya_komaru_man

はい、求人数は東京に比べ少ないですがその分IT・WEBエンジニアの数も少ないので就職・転職難易度は高くありません。

むしろ、大阪のWEB企業は躍起になって人を探しています。

ですので、未経験だからと言って不安になる必要性はないですよ(๑•̀ㅂ•́)و✧

もし、相談したいことであれば私でよければ相談にのりますのでLINE@、ツイッターなどから気軽にどうぞ。

まとめ

大阪でWEB・ITエンジニアとして注意する点として、

  • 企業数が東京に比べて少ない
  • 最先端の企業が少なめ
  • 言語が限られる

ということでした。

何度も言うようですが、WEB・ITエンジニアは死ぬほど足りていません。

現状ニート、無職・短期離職・未経験だからと言って関係ありません。

手に職つけて現代社会を生き抜きましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧