転職に強いプログラミングスクールを厳選比較!

就職・転職に強いプログラミングスクール比較

どうもまるてぃです。

今回は、プログラミングスクールの中でも転職に特化したプログラミングスクールを書いていきたいと思います。

まるてぃも、プログラミングスクールに通ってWebエンジニアとして未経験で転職を行いました。ご参考になれば幸いです^ ^

まるてぃ

プログラミングスクールに通えば転職可能なのか

未経験でITエンジニアに転職可能か?と言うことですが、これは可能です。

私も未経験20代中盤で短期離職と言う経歴ですが、5社から内定を獲得できました。

かつては、ITエンジニアは激務では薄給と言われていましたが、最近は、労働環境も改善され高待遇の職場も多いです。

特に、ITエンジニアとして2.3年勤務したあとフリーランスになる方が多く、週3日勤務で50万円という新しい働き方も生まれてきています。

2017年12月の転職求人倍率を見てみるとインターネット専門職が特に、求人倍率が高いです。

【職種別】
前月に引き続きインターネット専門職(5.12倍)、建設エンジニア(4.60倍)
組込・制御ソフトウエア開発エンジニア(4.29倍) が高い

出典:https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2017/170111-01/

1人の転職希望者に対して、5つの企業があると言うことを意味しています。

今後、この流れは止めることはできないのでITエンジニアは未経験でも当分の間転職することができると考えられます。

ITエンジニア転職求人倍率ITエンジニアの転職求人倍率がやばすぎる!?

ではでは、転職・就職に特化したプログラミングスクールを見ていきます。

どの言語を選べばいいのか

最近の需要を考えると、案件の多さで言うとPHPとJavaが多いです。

特に、関西圏はPHPとJavaの案件がかなり多いです。

最近は、 Ruby、Swiftなどの案件も増えていると実際に自分の転職活動をしている際感じました。

この傾向は、地方に行けば行くほど顕著かと思います。

首都圏となると、幅広い言語の求人が多く最近では引く手数多です。

将来的なことを考えると、ブロックチェーンのプログラミングを行うSolidityや、Unity(VR)、Python(人工知能)、Rubyなどがいいかもしれません。

特に、ブロックチェーンエンジニアはこれから国をあげて力を入れて行くと経済産業省より公表されているので狙い目かと思います。

ブロックチェーンエンジニアは、年収1000マン越え?ブロックチェーンエンジニアに転職すれば今後めちゃくちゃ稼げるのでは?

それでは、転職サポートをしているプログラミングスクールについて考察して行きたいと思います。

転職・就職に強いプログラミングスクール

TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademyの特徴

・Javaコースなら無料で学習可能

・コースの種類が多い

・受講者限定で、転職支援を行なっている

・オンライン学習

TechAcademy(テックアカデミー)は、プログラミング、デザイン、ディレクションなど幅広くIT関係のスキルについて学ぶことができるプログラミングスクールとなっています。

学べるコース

・Webアプリケーション

・PHPコース

・フロントエンドコース

・Wordpressコース

・iPhoneアプリコース

・Androidコース

・Unityコース

・初めてのプログラミングコース

・ブロックチェーンコース

TechAcademy(テックアカデミー)は、PHP、 RubyなどWeb言語をメインにスマフォアプリ、Unityなど幅広く学習できるコースがあります。

特に、ブロックチェーンコースを受講することができる数少ないプログラミングスクールとなっています。

プログラミング転職

TechAcademy(テックアカデミー)は、受講者に対してITエンジニア向け転職サポートを行っています。

プログラミング転職2

転職までの流れは、希望条件などを登録すればスカウトが届く仕組みとなっています。

また、TechAcademy(テックアカデミー)では就職予備校も運営しています。

Javaコース限定で、就職できた場合受講料を全額キャッシュバックすると言う驚きのコースです。

プログラミング転職3

東京勤務が可能、18〜30歳までと言う一定の条件はありますが条件さえ合えばかなりありがたいコースなのではないでしょうか。

TechAcademy(テックアカデミー)は、またどのコースも無料の動画説明会、1週間無料で体験学習ができるのでエンジニア転職が不安だと言う方は一度受けて見るのが良いでしょう。

TechAcademy 公式HPをのぞいてみる

TechAcademy(テックアカデミー)でRubyを学んだ主婦の感想・体験談!

TECHBOOST(テックブースト)

プログラミング転職10

TECHBOOST(テックブースト)は、業界では有名なBrand Engineerが運営しているプログラミングスクールです。

TECHBOOSTの特徴

・人材関連のサービスの運営をおこなっている

・ブロックチェーン関連の基礎を学べる

・オンライン学習

プログラミング転職4

Brand Engineerは、主に人材関連のサービスを運営しています。

業界では、有名なTech StarsやMIDWORKSなどを運営しています。

また、プログラミングスクール業界で最も早くブロックチェーンを学べるようにしました。

tech boost(テックブースト)

コースは現在、1つのコースのみでRubyに加えてトレンドになっているブロックチェーン、AI、IoTのなかから選択を行い受講をすることができます。

WebサイトやWebサービスを作りたい、新しい技術に触れたいと言う方にはTECHBOOST(テックブースト)が良いかと思われます。

プログラミング転職5

転職サポートは、キャリアアドバイザーによるキャリア面談にて対応しています。

エンジニアの転職サービスを運営しているTECHBOOST(テックブースト)ですので転職サポートにおいては連携して案件の紹介なども期待できそうですね。

オンライン受講、無料の面談もオンラインで受講が可能ですので一度受けて見られることをお勧めします。

TECH BOOSTで無料面談を受けてみる

Dive Into Code(ダイヴイントゥコード)

Dive Into Code(ダイヴイントゥコード)

DiveIntoCodeの特徴

・就職、転職、フリーランス支援を行う

・卒業生に、高時給のアルバイトの紹介

・レバテック、パソナテックと提携している

・オンライン学習

・IT企業出身の受講生が多い

実は、私もこのプログラミングスクールは受講したことがあります笑

プログラミングの勉強ができるだけでなく、Dive Into Code(ダイヴイントゥコード)の代表さんが人脈が豊富で常に求人の情報を発信してくれていました。

就職転職に強いだけでなく、フリーランスやアルバイト、派遣という働き方も提案してくれます。

卒業生限定で、時給1500円でアルバイトを行い実務経験を積むことができます。

また、人材サービスとして有名なレバテックやパソナテックと提携をしていることも大きな強みです。

実際に受講したのですが、メンターの方も優しい方で丁寧に教えてくれました。

オンラインで面談を受講することが可能ですので1度受講してみることをお勧めします。

Dive Into Codeで無料面談を受けてみる

エンジニアカレッジ

プログラミング転職7

エンジニアカレッジの特徴

・完全無料で受講可

・資格も獲得できる

・関東圏でのみ受講可能

・正社員就職転職率96%

・大手企業からの協賛で成り立っている

エンジニアカレッジは、なんとなんと完全無料で受けることができるプログラミングスクールとなっています!

これは、大手企業の協賛で成り立っているため可能となっています。

学べる言語

 ・Java

現在、エンジニアカレッジではJavaを学ぶことができます。

プログラミング言語Javaは、主に金融系のシステム、業務系のシステム、androidアプリなどに使われています。

現在国内では、PHPと並んで需要の高い言語となっています。

とにかく絶対就職・転職をしたいという方はJavaやPHPを学ぶのが良いでしょう。

プログラミング転職9

転職希望者に対しても、履歴書の書き方から、ビジネスマナーまでも指導を行なっており正社員として就職したことない方でも安心ですね。

プログラミング転職8

サイバーエージェントやLINEグループなど大企業への就職・転職を行なっているみたいですね〜。

ITエンジニアの人手不足が深刻な状況なので、どの企業も未経験でもやる気があれば欲しいという状況なのでしょうね。

詳しい問い合わせは、エンジニアカレッジも無料で面談を行うことができるので聞いてみるのが良いかと思います。

エンジニアカレッジの無料面談を受けてみる

WebCampPro(ウェブキャンププロ)

プログラミング転職11

WebCampProの特徴

・実際に稼働しているサービスの実務がつめる

・転職成功率98%

・就職転職保証

・グループ制作体験がつめる

・転職サポート6ヶ月付

・インフラ環境も学べる(AWS)

WebCampPro(ウェブキャンププロ)は、転職成功率98%を誇るプログラミングスクールです。

実際に学ぶ言語は、Rubyを学んだあとWebCampPro(ウェブキャンププロ)が稼働させているECサイトの開発運用を行なっていくことによって実務経験を積んでいきます。

また、WebCampPro(ウェブキャンププロ)はAWSというアマゾンが提供しているインフラ環境までも学ぶことができサービスを一貫して開発運用する力をつけることができます。

プログラミング転職6

転職キャリアサポートも、1〜6ヶ月の間サポートしており手厚いサポートが期待できます。

私も、WebCampPro(ウェブキャンププロ)の無料面談を受けたことがありますが、役員の方が丁寧に対応してくれ信頼できるプログラミングスクールだと感じました。

無料カウンセリングは、オンラインで受けることができますので気になる方は受けてみると良いと思います。

WebCampPro無料カウンセリングを受けてみる

CodeCampGate(コードキャンプゲート)

プログラミング転職12

CodeCampGateの特徴

・オンライン完結

・就職・転職成功で受講料無料

・学習期間2ヶ月と短め

・講師陣が大手企業のエンジニア出身者が多い

CodeCampGate(コードキャンプゲート)も、就職転職を成功させたら受講費が無料になります。

学べる言語

・PHP

CodeCampGate(コードキャンプゲート)では、PHPを学ぶことができます。

PHPの求人はJavaと並んで多く、転職就職を確実に行いたいという方にはPHPを学ぶのも良いでしょう。

またCodeCampGate(コードキャンプゲート)の特徴として、大手企業出身のエンジニアが多いことが挙げられます。

プログラミング転職13

就職・転職先企業では、サイバーエージェントやGMOなど大手企業や有望なベンチャー企業が並んでいますね。

プログラミング転職14

受講の流れは、2ヶ月でプログラミング学習を行いその後1.2ヶ月で転職活動を行う形になっています。

詳しい解説は、オンラインで面談を受けることができますのでメンターさんに聞いてみてください( ̄∇ ̄)

CodeCampGateで無料面談を受けてみる

転職に強いプログラミングスクール比較まとめ

プログラミング未経験で転職を行うことは私もそうでしたが勇気だいることだと思います。

何か行動しなければ、何も起こらないのでまずは無料体験をうけて自分にあったプログラミングスクールを探すことをお勧めします。