3つのプログラミングスクールを受講して1番よかったスクール

仮想通貨VEN(Vechain)とは?特徴、将来性、取引所を考察

仮想通貨VEN

どうもまるてぃです。

最近話題になっている仮想通貨VEN(Vechain)の特徴、将来性、買える取引所を考察していきたいと思います。

仮想通貨VENは、ブロックチェーンの技術である不正改ざんができないという点を商品のサプライチェーンのなかで利用しています。

仮想通貨VEN(Vechain)とは

の概要

・通貨単位:VEN

・発行上限枚数:8億6700万枚(現在2億7700万枚発行済)

・公式サイト:https://www.vechain.com

仮想通貨VENは、市場に流通している商品が本物か偽物か判断するためにブロックチェーンを用いてどのようなルートをたどって、今ここにあるのか?ということを知ることができます。

Vechainが、開発した独自のチップを埋め込むことにより、その商品が本物であるのか偽物であるのかを知ることができるようになるとのことです。

これはブロックチェーンを利用することにより、不正や改ざんをできないことを意味し、ルイヴィトンなどのブランド商品においても正規のルートをたどってきているのか正確に把握することができます。

日本の経済産業省も述べているブロックチェーンがサプライチェーンに起こすイノベーションとしてあげる一例とも言えそうです。

サプライチェーンとは

原料の段階から製品やサービスが消費者の手に届くまでのプロセスの繋がり

商品が、偽物、本物と判別されるだけでなく物流が途切れた場合などどの工程で消失したのかも把握することにもできそうですねー。

仮想通貨VEN(Vechain)の活用例

仮想通貨VENが、活用される例としていくつか例をあげており飲料、ブランド品、自動車、小売、農業、生鮮食品の物流、物流などをあげています。

その一例として、ブランド品をあげてみます。

The luxury industry is experiencing an unprecedented wave of transformation caused by the Internet and Information Technology. Luxury brands today now face threats to Brand preservation, counterfeiting, traceability and supply chain management. On the other hand, blockchain has opened new ways for luxury brands to establish a personal connection with consumers, completing the customer experience regardless of multiple sales channels. Customers can claim ownership for the purchase of a new bag and Luxury brands can look forward to owning a digital ledger of ownership pertaining to a unique product.

簡単に訳すると、インターネットなどのテクノロジーにより模倣品が増えてブランドの価値は脅威にさらされているとのことです。

Sunny’s former experience as CIO at LVMH China gave him great insights and he led the developing team to build a series of industry-specific blockchain solutions for the Luxury segment.Firstly, each product has a unique digital ID on the platform and on the NFC chip. Secondly, business operations are automated via smart contracts and a layer was built upon the various organizations’ internal enterprise applications to connect to the VeChain blockchain platform with standard APIs. The business operations include manufacturing, logistics, warehousing, distribution, retailing and quality-checks. Lastly, a universal mobile application was created as the interface to the blockchain enabling consumers to experience unique one-on-one interaction with the products and brands.

中国ルイヴィトンのCIOは、上記の問題を受けブロックチェーンによるソリューションを提案しました。

それぞれの商品に、デジタルIDを付与しサプライチェーン(製造、物流、小売、品質)などを把握できるようにした。

さらに、モバイルのアプリケーションを作り消費者がそれを知ることができるようにした。

と訳することができます。

中国や東南アジアでは、ブランド品の模倣品が多く流通しておりブランドの会社では頭を悩ませている現状があります。

仮想通貨VENをプラットフォームとして利用すればそういった模倣を防ぐことができるようになるかもしれません。

仮想通貨VEN(Vechain)の将来性

仮想通貨VENの将来性として、市場規模の大きいサプライチェーンを対象とした仮想通貨ということで今後大化けする可能性もあり得ます。

日本の経済産業省のデータでも、サプライチェーンでのブロックチェーン技術の市場規模は32兆円と見込まれています。

VENがどこまで市場に入り込めるかはまだわかりませんが、市場を取り込めれば大化けする可能性もあり得るでしょう。

現状、メルカリなどの個人間のやり取りでもシリアルナンバー(ブランド品を購入した際に付いてくるナンバー)を求めていたりしますが、シリアルナンバーの偽物も出回っています。

インターネット上の情報や商品が正しいかどうか判断する際に仮想通貨VENのようなプラットフォームがあれば皆が本物か偽物か迷うことなく安全に購入できる世の中になるかもしれません。

仮想通貨VENの買える取引所

現在、仮想通貨VENはBINANCE(バイナンス)にて購入することができます。

取り扱い通貨も100種類を超えており、有望な仮想通貨を探すならBINANCE(バイナンス)は必須の取引所です。

BINANCE(バイナンス)でVENを買ってみる

バイナンス(Binance)登録方法や使い方を徹底解説!