仮想通貨XCPとは?将来性、特徴を解説

XCP(カウンターパーティー)

どうも、まるてぃ@tech__moneyです。

Zaifにある仮想通貨XCP(カウンターパーティー)の価格が高騰していますね!

仮想通貨XCPは、他の仮想通貨とはまた少し違う特徴を持っており、トークンを発行する機能を持っています。

今回は、この仮想通貨XCP(カウンターパーティー)の特徴、将来性を解説していきたいと思います。

XCPが買える取引所Zaif

仮想通貨XCPとは

サクッと概要と特徴の把握!

・発行数量は:260万枚

・発行年:2014年2月

・公式HP:https://counterparty.io/

・ビットコインのブロックチェーンを使用

・金融庁のホワイトリストにも認可されている

・XCPを用いると簡単にトークンを発行できる

・PoB(プルーフオブバーン)の仕組みを採用している

・Zaifトークン、ぺぺキャッシュなどもXCPを利用している

仮想通貨XCPは、現在国内ではZaif(ザイフ)にて取り扱われている仮想通貨です。

2017年金融庁の仮想通貨ホワイトリストにも追加されており、国のお墨付きの仮想通貨となっています。

仮想通貨XCPの一番の特徴としてトークンを簡単に発行できるという点です。

トークンとは、現実世界でいう株式のようなもので仮想の株式とも言われています。

個人でも簡単に、トークンを発行することがこの仮想通貨XCPによって可能です。

最近では、仮想通貨で行われる経済圏を意味するトークンエコノミーという言葉をよく耳にします。

誰でも簡単にトークンを発行することができるようになると、今までに可視化されていなかった物に価値がつくことが考えられます。

現状資金調達を行うには、銀行などからの金融機関からの融資か、証券市場に上場するくらいしか資金調達の方法などもありません。

しかし、誰でもトークンを発行することが可能となることにより資金調達をインターネット上でも行うことが可能となります。

特に注目すべき特徴について下記で解説して行きたいと思います。

仮想通貨XCPの特徴

特徴

・ビットコインのブロックチェーンを使用

・XCPを用いると簡単にトークンを発行できる

・PoB(プルーフオブバーン)の仕組みを採用している

・Zaifトークン、ぺぺキャッシュ、企業もXCPを利用している

ざっくりとした仮想通貨XCPの特徴は上記になっています。

ビットコインのブロークチェーンを使用

bitcoin-logo

仮想通貨XCPは、ビットコインのブロックチェーンで構築されているので、使用するたびにビットコインが必要となっています。

また、ビットコインのブロックチェーンを利用していることからビットコインが送金詰まりなどを起こすと、仮想通貨XCPも影響を受けます。

PoB(プルーフオブバーン)の仕組みを採用している

仮想通貨XCPは、PoB(プルーフ・オブ・バーン)の仕組みを採用しています。

PoB(プルーフ・オブ・バーン)

誰も秘密鍵を知らないウォレットにコインを送金し実質的に使え無くしその代わりに仮想通貨(トークン)を分配する承認方法

XCPを用いて、トークンを発行するとXCPをバーン(焼却)する必要性があります。

それによって、仮想通貨XCPの市場での流通は実質的に少なくなり、相対的に価値は上昇します。

今後、XCPを利用したトークンの発行が行われれば、仮想通貨XCPの価値は増大することも予見できます。

zaifトークンや企業も仮想通貨XCPを利用している

仮想通貨XCPを利用して、発行されているトークンとしてZaifトークン、ぺぺキャッシュ、ビットコインクリスタルなどがあります。

他にも、Zaif取引所には仮想通貨XCPを利用して作られたトークンがありFISCOトークン、CAICAトークンなどがあります。

これは、日本に企業であるFISCOとCAICAの企業トークンとなっています。

個人だけでなく、現在企業活動を行なっている企業も仮想通貨XCPを利用しています。

仮想通貨XCPの将来性を考察

今後トークンエコノミーのが流れがやってきて、仮想通貨XCPを利用するようになるとトークンを発行するたびに仮想通貨XCPをバーンする必要性があります。

そうなると、相対的に価値は上がっていくことが考えられます。

最近では、企業用のトークンを発行するコンサルティングプラットフォームCOMSAがありましたが、個人にも本格的にトークンエコノミーの流れがやってくるかもしれません。

その時には、仮想通貨XCPを利用したトークンを多くの人が発行し価値が増大していることも可能性としてあります。

また、金融庁のホワイトリストにも載っていることから規制の対象にはならないのでその面から見ても安心感があります。

仮想通貨XCPについて気になった方は、現在Zaifにて取り扱われていますので購入してみるのも良いでしょう。