ザイフ(Zaif)登録方法を解説!手数料が安くNEMを買える

Zaif(ザイフ)登録方法・使い方・特徴

どうもまるてぃです。

Zaifの登録方法について解説していきたいと思います。

このZaif(ザイフ)は手数料も安く、数多くの仮想通貨を扱う人気の取引所です。

Bitbank(ビットバンク)とともに初心者の方にも登録しておいて損はない取引所だと言えます!

Zaif公式HPを見てみる

Zaif(ザイフ)とは

Zaif(ザイフ)とは、大阪にあるテックビューロ社が運営する仮想通貨取引所です。

取引所だけでなく、ブロックチェーンの開発mijinを作り、ICOのプラットフォームであるCOMSA(コムサ)も開発中の技術力、ブロックチェーン業界にコネクションもある企業です。

2017年Zaif(ザイフ)の取り扱う銘柄が爆上げしまくっているということで登録者が殺到したことは記憶に新しいです。

Zaif(ザイフ)の特徴

Zaif(ザイフ)取り扱い通貨

Zaif(ザイフ)取り扱い仮想通貨

・ビットコイン(BTC)

・ビットコインキャッシュ (BCH)

ネム(XEM)

モナコイン(MONA)

イーサリアム(ETH)

カウンターパーティー(XCP)

ペペキャッシュ(PEPECASH)

コムサ(CMS)

・Zaifトークン(Zaif)

・ビットコインクリスタル(SJCX)

・フィスコトークン(FSCC)

・カイカコイン(CICC)

・ネクスコイン(NCXC)

・ゼン(JPYZ)

上記、仮想通貨の取り扱いがあります。

主要な仮想通貨であるビットコイン、ビットコインキャッシュ 、イーサリアム、ネム、モナコインなど主要な仮想通貨はほぼほぼ扱っております。

2017爆上げした仮想通貨であるモナコイン NEM(ネム)の取り扱いを日本で一番早く上場させていたのはZaif(ザイフ)であり銘柄の先見性はピカイチです。

2017年Zaif(ザイフ)爆益銘柄

・モナコイン 約3円→ 約2000円 約700倍の高騰!

・NEM(ネム)約0.7円→約240円  約340倍の高騰!

また、Zaif(ザイフ)の特徴的な点は多くのトークンを取り扱っています。

代表的なものとしてCOMSA(コムサ)やペペキャッシュ、XCPがあります。

独自の機能を持ったトークンに加えて、フィスココイン、カイカコインなど企業トークン(株式)も扱っています。

まだまだ、価値の低い仮想通貨もZaif(ザイフ)取引所は取り扱っていますので2017年のモナコイン やネムのようなお宝仮想通貨がまた出てくるかもしれません。

Zaif公式HPを見てみる

 

手数料が安い

Zaif(ザイフ)ビットコイン手数料1

なんと、Zaifは、ビットコインの現物取引手数料がマイナス0.01%手数料を導入しています!

これの何がすごいのかと言いますと、ビットコインを取引すればするほど得をする!ということになります。

合計で100万円分の取引をした場合、100円のボーナスがついて行くということですね。

比較対象のために、国内取引所のBitflyer(ビットフライヤー)の手数料を見て行きたいと思います。

ビットフライヤー の取引手数料は、10万未満に注目すると0.15%となっています。

取引をすればするほど手数料が安くなる仕組みですが、月間100万円の取引をしても0.12%です。

通算100万円の取引をした場合1200円以上は、取られてしまいます。

さらに、Zaif(ザイフ)は現在このマイナス手数料を期間限定で5倍にしています!

5倍ということは、マイナス手数料0.05%です。

100万円取引した場合、500円得をするといことになりますね( ̄∇ ̄)

仮に月間1000万円の取引をした場合、ZaifBitflyer(ビットフライヤー)で取引した場合2万円の違いが出てきます。

500円!?安!って思って甘く見ないほうがいいです。

繰り返して使って行くと結構大きな額になっていきます。

Zaif公式HPを見てみる

全ての仮想通貨で指値注文ができる

国内取引所で、全ての取引で指値注文できるところはZaif(ザイフ)のみです。

指値注文を行うメリットとして、手数料が安く売買ができるということがあります。

仮想通貨取引の注文方法は2つあり、指値注文と成行注文があります。

注文方法の違い

指値注文・・・自分の指定した価格で売り・買い板(注文)を立てる

成行注文・・・今ある注文といくらでも良いので取引を行う

Zaif(ザイフ)取引方法

また、Maker、Takerという言葉が使われます。

MEMO

・Maker・・・自分で板(注文)を作る

・Taker・・・今ある板(注文)を取りに行く

Zaif(ザイフ)注文方法2

Zaif(ザイフ)の、手数料を見てみますと、makerの手数料がビットコインがマイナス手数料で、その他の仮想通貨が0%となっていますね。

逆に、Takerの手数料は、0.1%と手数料がかかってくることがわかります。

他の取引所では、取引の際、指値注文ができないところもあります。

そういった観点から、Zaif(ザイフ)取引所は有用な取引所と言えます。

Zaif(ザイフ)コイン積立がある

Zaif(ザイフ)コイン積立取引所で唯一Zaif(ザイフ)がコイン積立に対応しています。

Zaif(ザイフ)のコイン積立とは、ドルコスト平均法で一定額を毎月買い続けるという積立方法です。

ドルコスト平均法とは

相場が上がっても、下がっても一定額を買い続ける方法

このドルコスト平均法で仮想通貨を購入するのは多くのメリットがあります。

ドルコスト平均法のメリット

・ほったらかし投資ができる

・リスクを抑えることができる

仮想通貨は、価格の変動が激しく、特に始めたばかりだと価格が大きく伸びた時に大きく買い、下落した時に全て売ってしまうということをしてしまいがちです。

ドルコスト平均法で、仮想通貨を積み立てていけばそう行った心配もなく無心で淡々と積み上げて行くことができます。

コイン積立に向いている方

将来性に期待しているが価格の上下に一喜一憂したくない方

情報を追っている時間がない方

以上の方にはZaif(ザイフ)のコイン積立は有効な投資手段です。

Zaif(ザイフ)取引所登録方法

それではZaif(ザイフ)取引所の登録方法に移りたいと思います。

まず、Zaif公式HPに飛びます。

公式HPに飛ぶと上記のページになるので「無料登録はこちら」をクリックします。

上記の画面になるので、メールアドレスを入力し「登録」をクリックします。

Zaif(ザイフ)確認メール

本人確認用のメールが届くので、リンクをクリックします。

Zaif(ザイフ)登録

Zaif(ザイフ)公式HPに飛びます。

  1. 上部に出ている「利用規約」「重要事項説明」をクリックして確認
  2. 「利用規約について同意します」にチェックを入れる
  3. 「重要事項説明について同意します」にチェックを入れる
  4. メールアドレスを入力
  5. パスワードを二回入力
  6. 「同意して登録」をクリック
  7. 登録完了
メールアドレスは、ハッキング防止のために「強いパスワードです」と表示されるのをチェックしましょう。

パスワード生成ツールを使用すると、ハッキングされづらいパスワードを作ることができます。

Zaif(ザイフ)のアカウント登録は上記で完了しますので、次に本人確認登録に進みます。

Zaif(ザイフ)本人確認登録方法

では、本人確認の登録方法を解説していきます。

まず、Zaif(ザイフ)にログインをし、上部のバーにある「アカウント」をクリックします。

すると、本人確認状況が表示されますので1つずつ登録を行っていきます。

登録が必要な項目

・基本情報登録

・本人確認書類の登録

・電話番号登録

まずは、基本情報の登録方法から解説していきます。

基本情報登録方法

先ほどの画面から、「基本情報登録」をクリックします。

Zaif(ザイフ)本人確認

上記の、項目を入力を行います。

基本情報登録で気になる点として、「外国PEPsに該当しますか?」という点かと思われます。

外国PEPsとは、Zaif(ザイフ)公式HPに以下のようにあります。

外国において、以下に該当する職にある方を指します。(犯罪収益移転防止法 施行規則15条)

・国家元首
・日本における内閣総理大臣その他の国務大臣及び副大臣に相当する職
・日本における衆議院議長、衆議院副議長、参議院議長又は参議院副議長に相当する職
・日本における最高裁判所の裁判官に相当する職
・日本における特命全権大使、特命全権公使、特派大使、政府代表又は全権委員に相当する職
・日本における統合幕僚長、統合幕僚副長、陸上幕僚長、陸上幕僚副長、海上幕僚長、海上幕僚副長、航空幕僚長又は航・空幕僚副長に相当する職
・中央銀行の役員
・予算について国家の議決を経、又は承認を受けなければならない法人の役員

出典:Zaif公式HPより

基本的には、外国の総理大臣や、中央銀行の役員以外多くの人にとっては、「いいえ」を選択で大丈夫です。

そして、全ての項目を入力し終えたら、「変更」をクリックします。

銀行出金口座登録方法

日本円出金するための銀行口座の登録方法を解説します。

日本円出金口座登録方法

  1. JPY出金口座をクリック
  2. 新規追加をクリック
  3. 口座登録のタブが出て来る
  4. 必要事項を記入し登録完了

この口座は複数登録することができます。

電話番号登録

次に電話番号登録方法を解説します。

まず、上部のバーにある「アカウント」をクリックし、「電話番号認証」をクリックします。

Zaif(ザイフ)電話番号認証

上記の電話番号登録ページが出てきますので、電話番号を入力し、「送信」をクリックします。

すると、ご自分の携帯にSMSにて「認証コード」が送られてきます。

「認証コード登録」をクリックし、SMSにて送られてきたコードを入力すれば完了となります。

本人確認書類登録方法

次に、本人確認書類の登録方法を解説していきます。

Zaif(ザイフ)本人確認登録2

画像にある「本人確認」をクリックします。

本人確認書類として提出可能なものは下記をご参考にください。

提出可能な本人確認書類

・運転免許証
・マイナンバーカード
・在留カード
・日本国パスポート
・ビザ

上記の書類をアップロードすれば、本人確認登録は完了します。

あとは、登録した住所に「本人確認書類」が来るのを待ちます。

登録〜本人確認にかかる時間は?

Zaif(ザイフ)の本人確認にかかる時間は、現在は1週間ほどで行けるようです。

ただ、2017年12月には、急激な登録者の増加により1〜2ヶ月時間がかかることがあるようです。

二段階認証の設定を行う

本人確認登録が終わりましたら、二段階認証の設定をしていきましょう。

二段階認証は、ハッキングを防ぐためスマートフォンなどの端末により二重でロックすることができます。

まず、お手持ちのスマートフォンで2段階認証アプリをダウンロードしましょう。

ダウンロードが、完了しましたらZaif(ザイフ)にて二段階認証登録を行っていきます。

Zaif(ザイフ)2段階認証1-1

  1. 右上の「アカウント」をクリック
  2. ページ中央にスクロール
  3. 「セキュリティ」をクリック

 

Zaif(ザイフ)2段階認証2

  1. 「2段階認証の設定を開始」をクリック
  2. 2段階認証のためのバーコードをGoogle Authenticatorで読み込む
  3. Google Authenticatorに表示される6つの数字を入力
  4. 2段階認証の登録完了

Zaif(ザイフ)仮想通貨の買い方

Zaif(ザイフ)での仮想通貨の買い方について解説します。

買い方は非常にシンプルです。

  1. 購入したい価格に希望な価格を入力
  2. 買いたい量に希望の数量を入力
  3. 買い注文を押して購入完了です。

Zaif(ザイフ)登録方法まとめ

Zaif(ザイフ)は、取引手数料も安く、指値注文もでき、有望な仮想通貨も扱っていることから登録しておくべき取引所だと言えます。

取引所の扱いも簡単に扱えるので、仮想通貨トレードをして稼いでいきましょう( ̄∇ ̄)

Zaif公式HPを見てみる